プチ朱肉?

プチ朱肉イメージ

印鑑の朱肉はすぐにボロボロになってしまう印象が強いのですが、皆さんはどう思うでしょうか。
私の持っている朱肉が悪いだけなんでしょうかね。

たとえば、印鑑ケースの横についているような、プチ朱肉みたいなのがあるじゃないですか。
あの部分についているスポンジのようなものが、とけたようになってしまってぼろぼろになってしまうのです。

印鑑を押し付けたら印鑑が目詰まりしてしまうし、かなりイライラしてしまいます。
印鑑って長年使うものですから、それと同じぐらい朱肉も持って欲しいと思うのですが、ケースについているようなものはそれを想定していないということなんでしょうか。

でもそうなると、朱肉だけ別に用意しなければいけませんから、なんだか滑稽な気がしてしまいます。
それならば、印鑑ケースについている朱肉部分だけあたらしく変えられるように別売りして欲しいと思ってしまいます。

そうすれば持ち歩くときも楽チンでしょうからね。
これって小さいからすぐにボロボロになってしまうのでしょうか。

大きい普通の朱肉なら、それほどボロボロにはならないですからね。
小さいものは使われている素材などが簡易的だということなんでしょうかね。
それならば朱肉をもうちょっと大きくしてみてもいいかもしれません。

印鑑ケースのふたを二重蓋にして、一つ目を開けたら朱肉がでてくるわけです。
ケース全体の大きさを使えばそれなりの朱肉のサイズになるはずです。

それだけのサイズがあれば、かなりつかえますし、すぐにボロボロになってしまうようなことも、なくなるのではないでしょうか。

〔人気のWEBサイトのご紹介〕

印鑑のネット購入なら【ハンコヤドットコム】がオススメ。

オーソドックスな黒水牛・象牙印鑑から、カラー印鑑、キャラクター印鑑まではんこの種類が豊富です!
さらに、欲しい印鑑が最短即日出荷可能なので、お急ぎの場合でも安心です!

ページの先頭へ